安 全 側 線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GMの近鉄16000

遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
今年もぼちぼち更新していきます。

さて、去年の暮れにGMから発売された近鉄16000系。
沿線民である私の待ち望んだ車種です。
発売日には関東に遠征に出ていたのですが、帰宅まで待ちきれずに関東の模型店でお買い上げ、遠征先でニヤニヤと眺めておりました。

帰ってきた翌日に知り合いと運転会をするぞ!となり、早速走らせるために運転会当日の朝から必死に手を加えてみました。


購入したのは先頭車が4つ入った4両セット
先日引退したばかりのデッキなし編成が入っています。
画像は加工前そのまま。



一気に加工後です。
まだ完成ではないのですが…。
前面では幌枠に黒色挿し、中央窓左右の手すりに銀色挿し
渡り板は前後を少しずつカットして短くし、あべの方は下ろした状態でグレーに塗り、幌のある吉野方は斜めに上げた状態で接着しました。

側面では乗務員扉の窓のみ車体断面の俺が目立つので黒で塗り、扉のスジなどはいつも通り色挿ししています。

屋根はクーラーとともにGMの9番で塗装、クーラーのメッシュに色挿ししました。

とりあえずそんなところでタイムアウト。
運転会に持ち込みました。


まだまだいじりたいところがあります…。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/13(月) 14:47:47|
  2. 鉄道模型(Nゲージ)加工・改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイクロの近鉄8810をいじる

いじってます。



カプラーを211系用のTNに交換、電連をグレー塗装。
スカート上部に灰色が見えてダサいので黒塗り。

で、後輩からのアドバイスで、今回は阿波座のグレードアップパーツを使用してみました。
使用したのは鉄コレ1200系用パーツの種別灯ライトケースで、元の種別灯の表面を少し削ってから貼り付けました。
マイクロの近鉄は種別灯が少し大きかったので、これを貼り付けると小さめの良い印象になります。
GMのVVVF通勤車と、加工前のと並べて見ましたが、いかがでしょう?


あとはヘッドライト周りの飾り帯も取り付けたいなと思います。
  1. 2013/11/22(金) 06:43:27|
  2. 鉄道模型(Nゲージ)加工・改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄コレ南海7000系を冷房化改造



少し前に発売された南海7000系の鉄コレを冷房化改造しています。

クーラーは京王5000のものを、上部を削ってそれらしく。
スカートはマイクロの7100系から流用
前面方向幕は阿波座の7100系用を、周囲を少し大きく切り取り、余白を黒く塗って黒ゴムがあるように見せています。

塗装はそのままで、2005年に走った復刻塗装編成を作ろうと思います。

画像はクーラーを塗装前に仮載せ。
少し高さが足りない気はしますが、雰囲気は良さそうです。
  1. 2013/10/04(金) 18:13:29|
  2. 鉄道模型(Nゲージ)加工・改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ジャンパ線のアッシーパーツを使う


これです。
Z04S0192 キハ30首都圏色ジャンパ栓 です。
その名の通り、キハ30、35に付属しているジャンパ栓の別パーツランナーです。
これを使用して手軽にグレードアップしてみようと思います。



車両はこちら。富山地鉄ですね。
片側の先頭にはジャンパ栓がありますので、ここを先ほどのパーツに交換します。


元のパーツをカッターで大まかに削り、位置を確認しながら0.7ミリで開口します。
穴を開けてからヤスリでジャンパ栓を完全に無くします。
一気に削らなかったのは、穴を開ける位置を間違わないようにするためです。



そしてジャンパ栓を取り付けたのがこちら!
あとは栓の色をちゃんと塗ってやれば、いい感じになると思います。


以上、簡単に床下をリアルにしてみるお話でした。
パーツはホビーセンターカトーで購入しましたが、人気のようなのでもう無いかもしれません…。
色違いで115系用も存在するようです。
  1. 2013/09/30(月) 23:51:46|
  2. 鉄道模型(Nゲージ)加工・改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名鉄6000系9・10次車キットを作ってます

6000_1.jpg
これです。
鉄仮面といわれる車両の、2両編成キットを組み立てています。
過去にクロスポイントから発売されていたものを塗装済みとしてグリーンマックスから発売されました。

この車両、同じ顔に見えるのですが、6000系・6500系・6800系とバリエーションがあります。
鉄仮面の4連は6500系・6800系が該当、2連は6000系と6800系が該当するのですが、乗務員室後ろの窓の有無、側面方向幕の有無など、そういったところで見分けることが出来ます。
キットは窓なし、方向幕なしということで、2連は6000系・4連は6500系となります。


6000_2.jpg
今回は2両編成×2編成をまとめて製作中です。
それぞれ9次車・10次車にする予定です。


6000_3.jpg
塗装済みキットなので簡単に作れますが、製作のなかで一番大変なのが屋根です。
排気口を自分で開口して取り付けたり、細かいパーツが多いので、地味に疲れます。
2編成で違うアンテナを取り付けました。
パーツ類は全て塗りなおしており、私の好みで屋根板は35番のダークグレー、機器は14番の灰色9号にしました。


とりあえずはここまで。
最近完成品のグレードアップばかりしていたので、キットを作るのは久しぶりです。

ぼちぼちやっていきます。
  1. 2013/07/16(火) 22:04:17|
  2. 鉄道模型(Nゲージ)加工・改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。