安全側線だいありー

安全側線というホームページ(絶賛放置中)のブログです。電車の話をします。

名鉄の標識灯を点灯化する

前回記事で、南海サザンの標識灯を点灯化しました。
今回は名鉄での標識灯を点灯化します。


91_20130707204731.jpg
種車はGM完成品の3100系2次車です。
ふと思い立って急に購入して、早速手を加えたものです。
色挿しと床下汚しを終えたところですが、黄色いライトをどうにかします。


92_20130707204734.jpg
元々の基盤は、上に赤色LEDと5100Ωのチップ抵抗、下に黄色LEDが装着されています。
前回同様、上に赤色LEDと標識灯用のLEDを2つ並べて取り付け、抵抗を交換します。
ヘッドライトも点灯させたいので、下の黄色LEDを電球色LEDに交換します。


93_20130707204737.jpg
加工後がこちら。
上に赤色LEDと、名鉄特有の標識灯を再現するために緑色のLEDを並べて取り付け。

抵抗は560Ωのものを取り付けしましたが、これは1608サイズという一回り小さいものでして、かなり取り付けに難儀しました。
実は前回のサザンより前に抵抗だけ加工しておりまして、とりあえず抵抗値で選んで、在庫のあったこのサイズを買ってきて取り付けた形になります。
現在は作業し易さ優先で、少々抵抗値は高くなりますが、元々と同じ3216サイズを使用しています。
3216サイズで560Ω程度のものが入手できれば一番いいかと思います。

下のには電球色LEDを取り付けました。
白色にすれば3100系の3次車が再現できますね。
ここで気を付けたいのが、標識灯用LEDとヘッドライト用LEDの順電圧の違いです。
取り付け位置は違いますが2つを同時に点灯させるため、ここで電圧に違いがあると、電圧の低いほうのみしか点灯しない…という現象が発生します。
実際の経験談なのですが、最初に緑色LEDが電圧2.1v、電球色LEDが電圧3.2vを取り付けたところ、電圧の低い緑色のLEDのみしか点灯しませんでした。
後々、3v程度の緑色LEDを購入してきて対処しました。


94_20130707204741.jpg
完成の図。
電球色に眩しく光るヘッドライトと、名鉄特有の緑色に光る標識灯が再現できました。
やはり、抵抗値を下げてかなり光るようになったおかげで、光漏れがすごいことになります。


難しいかなと思っていたのですが、わりと簡単に加工できました。
先日作った3次車も同様に、白色ヘッドライト仕様の基盤を作成して組み込んでおきました。
やはり名鉄はこうでないと!ですね。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/07(日) 21:02:48|
  2. 鉄道模型(Nゲージ)加工・改造
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0