安 全 側 線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

5年前の10月17日

きょうは、2008年10月17日(金)に撮影した画像を載せたいと思います。

この日は、京阪電車の中之島線開業2日前で、開業前最後の平日でした。

開業に伴うダイヤ改正で消えるものが多く、それに伴って様々なイベントも開催されました。


8531_081017_1.jpg
平日ラッシュ時間帯に運転されていた種別「K特急」が消滅。
最終日、朝にK特急に充当された8000系30番台にヘッドマークが掲出されました。

「K特急」は「快速特急」となり、夕方ラッシュの京都方面行きのみ運転されていましたが、それも現在は消滅しています。


IMG_0090.jpg
中之島線開業、新車3000系デビューと入れ替わりに引退となった1900系。
最後には2編成が残りましたが、こちらは通勤色の1919F
交野線からの直通K特急「おりひめ」に充当されました。
緑色の通勤色に鳩マーク看板を掲出するという珍しい姿です。


IMG_0110.jpg
そしてその20分後、特急色を纏った1929Fが同じくK特急「おりひめ」に充当。
引退目前の素晴らしい演出でした。

「おりひめ」はこの日を最後に「K特急」から「通勤快急」に格下げされましたが、現在は列車消滅しています。



・・・


このくらいの時期、よく京阪電車の撮影に通っていたのを思い出します。
私にはあまり馴染みの無い路線なのですが、ふとしたことがきっかけで頻繁に通うように。
今見返すと、週に1度は必ず撮りに行っていたようです。

あれから5年間。
ミュージアムトレインが運転されたり、新塗装化が完了したり、8000系30番台(3000系)が引退したり…、いろいろありました。
この頃に比べると、残念ながら面白みがなくなってしまったように思います。

それは京阪に限らずともです。名車と呼ばれる車両の引退がどれだけ大きいことか、実感させられます。


画像は3枚とも2008年10月17日、門真市にて撮影
スポンサーサイト
  1. 2013/10/17(木) 21:17:20|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。