安全側線だいありー

安全側線というホームページ(絶賛放置中)のブログです。電車の話をします。

KATO 鹿島臨海鉄道6000形を購入しました


購入してきましたので、過去に発売されたものと比較します。

箱は最近の主流となっている発泡スチロールの簡易的なものになりました。



車両ですが、外見上変化があったのは実車にあわせて無線アンテナが取り付け済みになったくらいで、造形などは変化ありません。
車番が6001と6002だったのが、6001と6004になりました。実車が新塗装になったのを受けて変更されたと思われます。
ダミーカプラーは廃止され、全てアーノルドカプラーでの連結になりました。



塗装に関して、塗り訳ラインがくっきりするなど良くなっている気はしますが、白色が少し透けていたり窓断面が赤色だったりと、残念なところもあります。
良く言うと、昔の製品と並べても問題ない といったところでしょうか。



分解してみます。
室内灯を取り付けできるようになったので、支柱が立ちました。




ライトユニットが変わり、旧製品はヘッドライトが電球、テールがLEDという少し変わった構造だったのですが、今回両方ともLEDになりました。
またすべての先頭にライトユニットが入っています。




ボディー内側は変更ありませんが、ライトユニット変更に伴い先頭部のパーツとライトレンズが変更されました。




オークションなどで買い集めた旧製品とあわせて、実車と同じ19両揃えました。
旧製品を高値で買ったことを考えると悔しいですが、再生産のおかげでこんなに並べることが出来たわけで、嬉しい限りです。
実車にあわせて1両づつ手を加えていきたいです。
スポンサーサイト
  1. 2014/04/06(日) 11:22:01|
  2. 鉄道模型(Nゲージ)レビュー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0