安 全 側 線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

KATO 313系2300番台

前回に続き、今度は本家、JR東海の313系の製品をご紹介。
KATO製、313系2300番台です。

313_1.jpg
313系2300番台は、静岡に所属する2両編成で、主に浜松~熱海間で活躍しています。
2両編成で、白色ライト・LED式行先表示を装備した最新仕様の車両です。
またロングシート、半自動ドアスイッチ装備などの特徴があります。

製品は以前発売した313系をリニューアルする形で製品化。
白色ライトで前面行先表示は交換式パーツ化。
DCCフレンドリーになりました。
また、足回りにおいても片台車駆動となり、M車のうち片方がギアつき動力台車、もう片方がトレーラー台車となっています。


313_2.jpg
以前発売された313系3000番台と似ていますが、今回はロングシートになり、パンタ車屋根先頭部の絶縁塗装も再現されました。
パンタ準備がされており、ここにパンタを取り付けると2350番台になります。


313_3.jpg
前回紹介した愛知環状2000系と並べてみます。
床下を組み合わせれば、ロングシートの愛知環状2000系50番台車になるのですが、機構の違いもあって簡単にはいきません。
こうして並べると、結構違うところが目立ちます。


313_4.jpg
313系初期製品(3000番台)と並べてみます。(初期製品は0番台・300番台・3000番台が該当します)
新規設計になったため、全然印象が違います。
オデコの丸みや、ライトしたの出っ張りの形状、スカートの形状や、幌もリアルなものになっています。
初期製品も、これはこれで全然313系に見えるのですが、こうして並べてしまうと…。
前面の白色の色味も違っており、少しクリームがかった色をしていたのですが、新製品では白さが増しました。


ということで今回は313系の新ロット品でした。
313系は買っただけで全然整備していないものが多く、そろそろどうにかしてやりたいところです。
番台によって違いが多く、自分の作りたいものを!となると、たくさん組み合わせて大量の過剰パーツが出てしまうのが難点でもあります。

近いうちに、作りたいと思っている編成をやってみようと思います。
またご紹介します。
スポンサーサイト
  1. 2013/07/15(月) 22:24:19|
  2. 鉄道模型(Nゲージ)レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<名鉄6000系9・10次車キットを作ってます | ホーム | 鉄道写真【近鉄】6820系>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://den221.blog66.fc2.com/tb.php/49-3de1618a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。