安 全 側 線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第10回南河内運転会レポート【レイアウト編】

暫く放置してしまいました。更新再開します。
というのも、プラレール関係で忙しくてですね…。

7月27日・28日に毎年恒例、BULE FESTAの南河内運転会を開催しました。
今まであまりブログでプラレール関係の記事を載せたことがなかったのですが、これからは載せていこうかなぁと思います。

日が経ってしまいましたが、運転会のレポートを書かせていただきます。
長くなりそうなので2日に分けます。今日はレイアウトに関するお話。


DSC_0936.jpg
今回のレイアウト全景です。
机を四角に配置しないのが、最近の南河内の定番となっており、今回も変形L字形配置です。
角に大きなタワーを配置し、両側にも小さなタワーを置いてみました。


DSC_0934.jpg
今回のタワーは30段です。5段おきにグレー橋脚を入れています。
試行要素として、タワー下部の5段のみ円形にせず、タワーをルートの途中として通過するだけ。という配置を組んでみました。
タワーからたくさん足が生えたような形になります。
いつもタワーだけで孤立した存在になるのを、タワーも含めて一つのレイアウトにしたかったためです。


DSC_0938.jpg
私が組んだ部分がこちらになります。
地上線を組んだあとに、タワーから生えてきた高架線を組んだので、かなり無理矢理なところが多いですが、それでもどうにかなってしまうのがプラレールのすごいところです。
複線の外周線も含め、ここに駅を集約して配置しました。
宙に浮く空港や地下レールなど、もう見るからにあとから無理矢理追加した情景パーツがあります。


DSC_0935.jpg
けい氏による貨物ヤード。毎年恒例です。
ただひたすら線路を並べてるのではなく、機回しや留置場所を考えたちゃんとした線路配置になっているのがすごいです。


DSC_0937.jpg
こちらもタワーから伸びる足を発展させた部分です。
私の後輩、轍氏に「とにかく後のことは考えず滅茶苦茶に敷いてくれ」と指示したところこうなりました。
このほうが見ていて楽しいです。滅茶苦茶すぎて目が回ってしまいますが。


DSC_0942.jpg
準備を手伝いにきてくれたユッキー氏・暁氏も、限られたスペースでコンパクトに作ってくれました。
トミカもあってよかったですね。
画像の右奥にはヤードがあり、開催中はみんなの改造車が沢山並んでいました。
それはまた次回。


(いつも南河内のレイアウトは線路配置が単純だよなぁ…。)
と思っていたため、今年はそれを改善しようとするとこうなりました。
走る電車を目で追うだけで大変な線路配置で、なかなか満足するものが出来たのですが、いざ電車を走らせると…

・線路本数が少なく、電車があまり走っていないように見える。
・カーブやアップダウンが多く、走れる車両が限られる。
・上記理由による脱線も多発。

といった問題も発生しました。
迫力ある複雑なレイアウトを組みたいところですが、ある程度のところでやめておくことも大切ですね。
唯一安定走行ができる外周を複線で組んだのですが、次はもう少し本数を増やしてもいいかもしれません。


さて次回は走行していた改造車を中心に掲載する予定です。
スポンサーサイト
  1. 2013/08/05(月) 23:53:42|
  2. プラレール 運転会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道写真【近鉄】8810系 | ホーム | 鉄道写真【近鉄】8600系>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://den221.blog66.fc2.com/tb.php/53-3f88fba0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。