安 全 側 線

富山地鉄に行ってきました! その2

前回の続きです。


岩峅寺から14720形の電鉄富山行きに乗り、今度は本線の越中荏原駅にきました。

この付近にある常願寺川にかかる鉄橋が撮影ポイントなのです。
夏場、ちょうどこの時間くらいに順光になるようなのです。


91_201309012208599e9.jpg
さっきまで晴れていたのに、急に曇ってしまいました。
晴れるとバックに立山連峰が写るのですが、霞んでしまって残念です。

おまけに、撮りたかった16010形が行ってしまいました…。


せっかくなのでこのまま撮影を続けます。


とここでようやく、地鉄オリジナル形式の主力、14760形を撮影できました。

92_20130901220902a02.jpg
私のなかでは、富山地鉄といえばこの形式のイメージが強く、こればかり走っているものだと思い込んでいたのですが、実際はコイツに負けないくらい10030形(京阪3000系)も走っているようです。


93_201309012209080ed.jpg
ここまで乗車した14720形が電鉄富山から帰ってきました。


94_20130901220801f35.jpg
ということで10030形ばかりたくさん撮影できました。
もうほとんどコイツばかりで、姿が見えた途端「またかよ!」って…。


95_201309012208057e3.jpg
地鉄には普通列車のほかに、特急と急行、あと僅かながら快急も走っています。
画像は宇奈月温泉行きの急行。種別が赤文字になっています。


96_20130901220809b9b.jpg
だいぶ暗くなってきたころ、やっと撮りたかった16010形(元西武レッドアロー)のノーマル編成がやってきました。
このとき、雲の切れ目から夕日が射してきました。


レッドアローが撮れたら撤収しようと思っていたのですが、この列車と行き違いですぐに後方から下り列車が来るとのこと。
それを最後に流し撮りして撤収することにしました。


97_201309012208122cd.jpg
やってきたのは、またしても10030形。
しかしバッチリ決まりました。夕日も車体に反射していい感じです。これが京阪特急色ならもっと良かったのに…と思ってみたり。
狭軌のために履き替えられたJR廃車部品の台車が目立ちます。


98.jpg
オレンジ色の光が射すなか、鉄橋を渡り去っていきました…。



曇り空の中での撮影になったのが残念ですが、効率よく、ある程度の種類が撮影できたのでよかったです。
今度は天気のいい日や、バックの立山連峰に残雪がある時期に来てみたいなぁと思います。


続きます!
スポンサーサイト
  1. 2013/09/01(日) 22:23:24|
  2. 撮影記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<富山地鉄に行ってきました! その3 | ホーム | 富山地鉄に行ってきました! その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://den221.blog66.fc2.com/tb.php/65-4eb856d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)