安 全 側 線

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノーデッキ16000系さよならイベント

近鉄南大阪線・吉野線を走る特急の、一番古い形式となるのが16000系です。
他の特急は大阪線などの標準軌車両と共通設計になっているのですが、この16000系は南大阪線・吉野線でしか見ることが出来ない、独特の顔つきになっています。

地味な車両ではありますが、地元を走る車両なので、私は好きな形式なんです。
そんな16000系のうち、初期に製造されたデッキ仕切りのないグループが、この秋引退となります。
新型Ace特急16600系が投入され。さくらライナーの更新が完了した時点で過剰になっていたはずですが、今まで残っていてくれました。

引退を前にしたイベントが数回実施されるということで、今回はその第1弾となるイベント列車を撮影してきましたので載せます。


16006_131020_1.jpg
天美車庫から入れ換え、河内天美に入駅するY06+Y05の4両編成。
このイベントにあわせて車両をどうこうしたということは無く、通常運用についていた頃と同じ姿のままで運転されました。


y1.jpg
やはり一番は、デッキと客室の仕切りが無いのが特徴です。
コンセント設置、喫煙ルーム設置の新型特急が走る反面、同じ料金でこんな車両が走っていたわけです。


y2.jpg
あと私の気になるポイントとしては、パンタグラフが車両の一番端に載っているところです。
Y07以降の車両は少し内側になり、端に一つクーラーが載せられました。
これもこの車両の一つの特徴だと思います。
扉、窓配置もY07以降とは異なります。


16005_131020_1.jpg
阿部野橋から団体旅客を乗せて走るイベント列車。
生憎の雨模様でした。



形式自体の消滅ではなく、あくまでもデッキのない2編成のみが引退するということで、少し盛り上がりに欠けるようです。
先日復刻塗装の18400系でのイベントを載せましたが、どちらかということあれがメイン、こっちがサブイベントのような雰囲気ですね。
その2形式に乗れる&並べて撮影会といったイベントもあるようです。
スポンサーサイト
  1. 2013/10/20(日) 11:20:58|
  2. 撮影記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道写真【JR四国】113系ピンク塗装 | ホーム | 5年前の10月19日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://den221.blog66.fc2.com/tb.php/78-27ef9ae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。