安全側線だいありー

安全側線というホームページ(絶賛放置中)のブログです。電車の話をします。

リニア鉄道館のクロ381を見てきた話

こんばんは。

名古屋にあるリニア鉄道館って、ご存知ですか?
まぁ知ってますよね。

ここで期間限定の企画として、保存しているクロ381形の車内見学ができるということで、いってきました。


IMG_0128.jpg

クロ381というと、サロ381を先頭改造する形で誕生した形式で、全部で3両が改造されました。


CIMG0057.jpg

しなの号のほか、末期はちくま号などで大阪にも顔を出していました。

このうちのクロ381-11がリニア鉄道館で保存されています。


IMG_0252.jpg

まずは車両後方の、もともとの種車部分にて座席にすわり、お姉さんによる381系電車の解説を。
お姉さんすごいんですよ、言うこと全部記憶してんですよ。カンペとか無しで。
なのに聞いてるのがオタクで申し訳ない。


IMG_0256.jpg

車両の解説が終わると、順番に運転台の見学へ。
後半の番号だったので、その間に座っていた車内を見学。椅子はこんな感じでした。


IMG_0255.jpg

この頃の381系と言えば気になるのがこれ、ガラスが二重になっていてその間にあるブラインドをハンドルを回して下すという、現在で言うところの遮光カーテンです。
ブラインド時代は今でも部屋の窓などで現役ですが、それが電車の側面窓に、それもこういった形でついているのは本当に珍しいですね。
583系などにも使用されていましたが、これ以降は採用されていないようです。
残念ながら触ってはダメということでしたが、貴重な装置を間近で見ることが出来ました。

といろいろ眺めていると順番になりました。

IMG_0265.jpg

先頭部です。
大型ガラスで仕切られた向こうに運転台があります。


IMG_0263.jpg

運転台はこんな感じでした。


IMG_0266.jpg

座席は3列、見晴らしをよくするために一段上がった位置に配置されています。


IMG_0268.jpg

名古屋工場で改造されたという証。


IMG_0267.jpg

広告が当時のままでした。
311系を使用した快速木曽スキー号が大垣~藪原間で走っていたようです。


IMG_0272.jpg

サロ部分と新造部分の継ぎ目、客扉のある横には、車掌用のスペースがありました。


IMG_0270.jpg

方向幕の対照表がありました。
末尾の手書き箇所には「急行つがいけ」名古屋、信濃森上とありました。


IMG_0273.jpg

IMG_0282.jpg

といったところで車内見学は終了、最後に柵の中に入らないと撮れないアングルで。


リニア鉄道館の一番奥って、顔がズラっと並んでるだけですけど実はすごい車両が揃ってるんですよね。
今回はクロ381でしたが、他の車両も見てみたくなってきました。

また機会があれば行きたいところです。


IMG_0319.jpg

おわり。
  1. 2017/11/12(日) 23:25:00|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

6年前の話

〇〇年前の今日!っていう記事をやろうと思っているのですが、見る日はいつもタイミングが悪く。

ちょうどではないのですが、6年前、2011年11月9日の話でもしようかと思います。

この日は一日中暇だったんだと思います。


65-1089_111109_1.jpg

朝、甲南山手にてEF65-1089牽引の72レを。
広島更新のような明るいブルーで注目されていました。


65-1046_111109_1_20171110212343e29.jpg

73レは新長田にて。
当時ここにハマってました。貨物列車だとS字を描くのが好きで。
この日は菱形パンタの1046号機だったようですね。


65-1046_111109_2_20171110212344e8d.jpg

神戸タで停まるので、追い越して垂水にて。


65-1094_111109_1.jpg

戻りまして、新大阪にて1094号機。
何列車かは忘れましたが、梅田貨物行きのがあってそれをよく撮ってました。


66-112_111109_1.jpg

そして夕方、紀勢本線での輸送障害があり、それを救援に向かうEF66+クモヤ×3を撮りました。


kumoya145_111109_1.jpg

新宮で動けなくなってしまった381系・283系を助けるために向かったものだったはずで、クモヤは連結アダプター的な役割のため、パンタも撤去れされていました。


このあとの回送も撮りましたが、今思うとすごい光景でした。


そんな6年前の11月でした。



65-1089_111109_3.jpg

ちなみにこの日の75レは1089号機でした。
所定運用なのかどうかは覚えてないですが、四国から帰ってきたその日の夕方にまた四国に向かうのは酷ですよね…。
  1. 2017/11/10(金) 21:34:42|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

網干総合車両所公開に行った話①

去る11月3日、JR西日本網干総合車両所の公開がありました。

今まで行ったことなかったので初参加です。

そんなレポートです。


大阪から新快速に乗って一時間、姫路駅で乗り換え。
12両から4両に圧縮されて普通列車で網干駅へ。

歩いたら遠いからシャトルバスが出ているようで、乗り場まで歩くこと10分…


IMG_0701.jpg

よくわからん空き地から無料の神姫バスが出ていました。
エモそうな型式のバスが走ってたんですけど自分が乗ったのは平々凡々なやつでした。


バスに揺られて会場到着。

早速会場に入る…前に、会場沿いの公道を歩いていきます。


IMG_0716.jpg

どーんと現れたのは展示車両のDD51
会場内より外のほうが順光になるのでみんな撮ってました。


IMG_0710.jpg

検査明けなのか綺麗な車体で、見ていて惚れ惚れしますね。


IMG_0713.jpg

次にオヤ31
こちらの妻面はあまり見かけない気がします。


IMG_0722.jpg

そしてマイテ49
乗ってみたいなぁ…。


IMG_0723.jpg

3軸の台車がすごいです。


IMG_0737.jpg

そのまま進むと陸橋へ辿り着くのですが、その途中には留置している221系が。
屋根を観察。


IMG_0744.jpg

陸橋からは留置線が見えます。
数日前に回送されてきたばかりのキハ120と、網干常駐のクモヤ145がいました。


IMG_0775.jpg

車両基地側には、これまた入場してきたばかりと思われる115系1600番台が。
ちょうど本線をEF510の貨物列車が通過していきました。


IMG_0801.jpg

しばらく眺めていると103系播但線の、それもダブルパンタの車両がやってきました。
屋根資料を集めたかったところなので嬉しい収穫でした。



ここまで撮って、いや~~~網干公開楽しいな~~とか言ってたんですけど、よく考えたらまだ会場内にも入っていませんでした。

満足したのでもういいんだけどせっかく来たし一応入っとく?ということで会場内へ。


そうなんです、会場にすら入ってないのにこの記事もう終わりなんです。

次回に続きます。
  1. 2017/11/08(水) 20:14:30|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都鉄道博物館に103系大阪環状線を見に行った話③

もうこの話終わりだと思いました?

終わらないんですよ~それが。

送り込みがあれば返却もあるのです。


展示最終日の11月6日、終了後にDE10の牽引で館外へ搬出、夜に向日町まで回送されました。


IMG_0275_2017110723350961b.jpg

明るいホーム中ほどは先客が多かったので端のほうでおとなしく。
照明不足で103系が全然写ってないですけどまぁ記録です。


IMG_0286.jpg

そう、これ送り込みの時と向きが逆になってるんですよ!
送り込みの画像を見直してもらうと、弱冷房車のステッカー貼ってる車両の向きが変わってるのがわかると思います。

展示の時の画像を見直してみると、もうこの時点で向きが変わっているので、搬入の時点で転車台を使って回してたみたいです。
それに何の意味があるのかはわかりませんが…。


で、この日は向日町についておわり。

翌11月7日、向日町から吹田へ。


IMG_0097.jpg

今度は京都のクモヤ145による牽引でした。
クモヤ+103系って昔はよく見たんですけど、最近は全然でしたので、久しぶりに見れてちょっと感動しました。


IMG_0100.jpg

サントリー横を走る最後尾は何も変わりなくいつもの表情。
最後まで最終運用の7Mを表示したままでした。


たぶんこれで大阪環状線の103系を撮るのは最後になりそうです。
まだ宮原や向日町にいる編成は、今後撮れるかどうかわからないので…。



ということでありがとう大阪環状線103系、今までお世話になりました!



…という記事を今度書こうと思います。
  1. 2017/11/07(火) 23:42:47|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都鉄道博物館に103系大阪環状線を見に行った話②

先日の続きです。

~はじめに~
※この展示はもう終了しております。


無事梅小路へと運び込まれたクハ103の2両

公開初日の11月3日、早速見てきました。

これが目当てだったので入場して真っ先にこのコーナーへ。


IMG_0996.jpg

どーんと構えるクハ103-802
か、かっこいい…。


IMG_0991.jpg

カメラのバリアブルモニタを床スレスレのローアングルから。
綺麗な場所でたくさんのライトに囲まれて、まだツヤツヤの車体が輝いていました。


IMG_0997.jpg

こちら側には大阪環状線30周年HMが取り付けられていました。
20何年まえになりますから、結構昔ですよね。


IMG_0948.jpg

横に回って…。
さすが博物館、ライティングが美しいです。


IMG_1058.jpg

車内公開もしていたのですが、行った時間が遅かったのでもう終わってました。
時間帯によって方向幕を変えてくれる粋なサービスも。
私は最後の時間だったので区間快速幕でした。


IMG_0951.jpg

IMG_0953.jpg

このようなパネルでの解説も。
昔の組成は興味深いところです。


IMG_1006.jpg

反対側のクハ103-843には、大阪環状線50周年HMが。
こちらは記憶に新しいですね。この編成には付いていなかったと思います。


IMG_0974.jpg

それでは階段を上って屋根上へ…。


IMG_0983.jpg

IMG_0982.jpg

残念ながらクハ同士なので面白くないですね。
802番のクーラーが中央部が交換されているタイプのものでした。


IMG_0988.jpg

DE10に繋ぐためのアダプターを付けたまま展示されていました。
外してほしい気もしますが、これはこれで貴重。


IMG_1002.jpg

電源が取れないため、室内灯は使用できず。
どこかから引っ張ってきた電灯で簡易的に照らしていました。
変な位置がカラフルに光っていてコードも垂れて…、ちょっと不細工ですね。


IMG_1020.jpg

IMG_1016.jpg

常設展示物の101系からもこの103系が見えました。

個人的な話になるのですが、弁天町の交通科学博物館時代からよく見ていたこの101系カットモデルと、その交通科学博物館に行くために利用した103系電車が引退して同じ場所で展示されてるというのは、どうにも不思議なもので。
未来って何が起こるかわからんもんだなぁと考えてしまいます。



さて閉館時刻が近づくと、さすがにお客さんが減ってくる館内。

IMG_1033.jpg

IMG_1052.jpg

IMG_1046.jpg

人が居ない(映り込まない)、夕暮れの京都鉄道博物館って初めてだったので、記念に何枚か。


最後にまた103系の展示コーナーに戻り、お別れの館内BGMを聴きながら帰りました。



IMG_1010.jpg

こんなにピカピカで綺麗な姿なのに、これでもう本当に終わりなんですね。
逆に言えば、最後の最後まで綺麗な姿を見せてくれた、JR西日本に感謝を。
  1. 2017/11/06(月) 22:01:35|
  2. 日々の雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ