安全側線だいありー

安全側線というホームページ(絶賛放置中)のブログです。電車の話をします。

KATO 313系2300番台

前回に続き、今度は本家、JR東海の313系の製品をご紹介。
KATO製、313系2300番台です。

313_1.jpg
313系2300番台は、静岡に所属する2両編成で、主に浜松~熱海間で活躍しています。
2両編成で、白色ライト・LED式行先表示を装備した最新仕様の車両です。
またロングシート、半自動ドアスイッチ装備などの特徴があります。

製品は以前発売した313系をリニューアルする形で製品化。
白色ライトで前面行先表示は交換式パーツ化。
DCCフレンドリーになりました。
また、足回りにおいても片台車駆動となり、M車のうち片方がギアつき動力台車、もう片方がトレーラー台車となっています。


313_2.jpg
以前発売された313系3000番台と似ていますが、今回はロングシートになり、パンタ車屋根先頭部の絶縁塗装も再現されました。
パンタ準備がされており、ここにパンタを取り付けると2350番台になります。


313_3.jpg
前回紹介した愛知環状2000系と並べてみます。
床下を組み合わせれば、ロングシートの愛知環状2000系50番台車になるのですが、機構の違いもあって簡単にはいきません。
こうして並べると、結構違うところが目立ちます。


313_4.jpg
313系初期製品(3000番台)と並べてみます。(初期製品は0番台・300番台・3000番台が該当します)
新規設計になったため、全然印象が違います。
オデコの丸みや、ライトしたの出っ張りの形状、スカートの形状や、幌もリアルなものになっています。
初期製品も、これはこれで全然313系に見えるのですが、こうして並べてしまうと…。
前面の白色の色味も違っており、少しクリームがかった色をしていたのですが、新製品では白さが増しました。


ということで今回は313系の新ロット品でした。
313系は買っただけで全然整備していないものが多く、そろそろどうにかしてやりたいところです。
番台によって違いが多く、自分の作りたいものを!となると、たくさん組み合わせて大量の過剰パーツが出てしまうのが難点でもあります。

近いうちに、作りたいと思っている編成をやってみようと思います。
またご紹介します。
  1. 2013/07/15(月) 22:24:19|
  2. 鉄道模型(Nゲージ)レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KATO 愛知環状鉄道2000系

先日名古屋へ行った際、少しだけですが愛知環状鉄道に初めて乗ることができました。
ちょうどKATOから新製品&再生産があったところということで…。買ってしまいました。

愛知環状鉄道2000系は、JR東海の313系をベースに製造された車両で、異なる部分もありますが、パッと見は313系そっくりになっています。
2005年に開催された愛・地球博の輸送にあわせて製造され、閉会後に旧形車両100系・200系・300系が廃車となり、愛知環状鉄道は全てこの2000系に置き換えられました。


2000_1.jpg
まずは緑がベースの登場時カラー。
以前製品化されていたものの再生産となりますが、今回生産で車番の変更、ステッカーの新規作成が行われています。
品番は同じですが、製品名に「緑」とあるのが今回の生産分です。


2000_2.jpg
青色の帯は最近変更が進む新塗装車両で、今回の新製品です。
元々、増備された50番台車からこのカラーリングになったのですが、今は既存車の塗り替えも進行中ということで、それを製品化しています。
50番台はロングシート編成となっています。


2000_3.jpg
製品は黄色LED、旧動力の0番台・300番台・3000番台に準じており、白色ライト・DCCフレンドリーの最新仕様ではないところが残念です。


今はちょうど2つのカラーリングが半分半分くらいのようで、4両編成の列車では色違いの併結もあって楽しめます。
個人的には緑色のオリジナルカラーのほうが好きなのですが…。


さて、模型的には、先述の50番台車を作ったり、屋根を交換して2パンタ車・2パンタ準備車を作るのが面白いかと思います。
私もいずれ製作予定で、そのために部品取り用の313系も買ってきました。
しかしなかなか簡単にいかないようで…。
少し勉強してから製作したいと思います。
  1. 2013/07/12(金) 21:53:59|
  2. 鉄道模型(Nゲージ)レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GMストアのライト基盤「ぴかりんちょ」

先日GMストア大須店に行った際、こんなものを見つけて購入しました。

91.jpg
GM完成品車両に取り付けられているライト基盤の、LEDを黄色から電球色に換え、抵抗値を下げてよく光るように改良されたものです。
スタッフが一つ一つ手作りされているそうです。


92.jpg
GMのライト基盤には上下のLEDの色違いで2種類ありまして、今回は上がテール、下がヘッドライトが点灯する基盤を購入しました。
また集電バネの位置が幅広・幅狭と2種類あるので、一つづつセットされています。

車両によっては、この基盤でない場合もあるので、注意です。



さて、今回はこの車両に取り付けてみます。

93.jpg
211系5000番台です。
2005年、愛地球博の開催時に運転された快速エキスポシャトルの幕にしてあります。
このときは211系が10両編成で走りまくっていましたね、懐かしいです。

いつものGMの暗い黄色ライトですね。
これを交換してみますと


94.jpg
こうなりました。
交換前と同じ電圧をかけて撮影していますが、かなり光るようになりました。
色も実感的で素晴らしいです。

よく光るようになった分、光漏れもします。
少し遮光してみたのですが、まだ足りないようです。


ちょうど、LED交換の実演イベントもやっておりまして、作業を拝見させていただきました。
割と簡単にできるようで、自分でもやってみようかなぁと思いました。


わたし、一応工業高校の電気科卒だったのですが…。
こういうのは苦手です(笑)
  1. 2013/07/01(月) 22:13:54|
  2. 鉄道模型(Nゲージ)レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KATOの381系100番台を購入しました

久しぶりに名鉄ではない模型の話題です。

KATOから発売された381系100番台、ようやく購入しましたのでご報告しておきます。
ただ今回は友人から譲り受けたもので、アッシーパーツのみで買い揃えた4両編成になります。

41_20130620182135.jpg
ヘッドマークがはじめから「こうのとり」に変換されておりました。(笑)
4両編成なのでピッタリですね。

せっかくなので回してみます。
42_20130620182138.jpg
くろしお と やくも。
いいですね。どのヘッドマークも似合っています。

一つ気になったのが

43_20130620182142.jpg
上から見下ろしたときに、ヘッドマーク下部に余白が見えてしまうこと。
ここは黒塗りでカバーするか、もし変換させないのであれば、車体側にステッカーを貼ってしまう手もあります。

検討してみたいと思います。


これと一緒に、グレードアップパーツセットも頂きました。
ライナーとまほろば、しなのが収録されているのですが、4両編成では使いようがありません。

これは…6両編成を買えということですね…!
  1. 2013/06/20(木) 18:27:12|
  2. 鉄道模型(Nゲージ)レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グリーンマックス 名鉄2150形

51_20130609225216.jpg
今日はこんな商品のご紹介です。
グリーンマックスより発売されている名鉄2000系「ミュースカイ」の増結用1両単品です。

ミュースカイは当初3両で登場し、後に需要に合わせて1両増結、現在4両編成で活躍しています。
模型についても、日本車輌の協力により登場してすぐに製品化されたため、3両で発売。
実車同様に1両増結用の単品が限定品として発売されました。


52_20130609225219.jpg
開封してみますと…ビックリしました。
上半分がウレタン、下が箱になっています。


53_20130609225222.jpg
フタになっているウレタンをめくると中間車1両が登場。
下の箱からは付属パーツ、ステッカーと屋根板が出てきました。
1両単品ウレタンはこの製品にしか無いものかと思います。


54.jpg
説明書は箱の裏側に。
ただ単に1両繋げばいいというわけではなく、パンタの撤去・移設が行われているため、少々複雑な作業が必要となります。


私は手元に3両と4両のミュースカイがあり、過渡期の7両編成っぽく走らせていたのですが、最近の名鉄ブームのおかげで、現行の4両編成にしたい!と思い、オークションで探してきました。
新品はもちろんのこと、中古でもほとんど見かけない商品です。

購入から6年、ようやく細かいところまでいじってやる機会が出来ました。
  1. 2013/06/12(水) 19:37:31|
  2. 鉄道模型(Nゲージ)レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ